経営情報学会 HOME
お問い合わせ
日本語English 学会概要 活動案内 会員専用 各種情報
Japan Society for Management Information 当学会について 全国大会 変更・退会 公募掲載をご希望の方へ
組織構成 シンポジウム 会員サービス 賛助会員リスト
定款と規約 支部活動 総会・理事会議事録 学会関連書籍のご紹介
入会案内 研究部会・特設研究部会 リンク集
学会誌
学会誌
編集方針
論文一覧
論文募集
「人とITとの共創」特集号論文募集
投稿規定
執筆要項
論文投稿
委員名簿
経営情報学会誌 執筆要項

  第1条(原稿の言語)
投稿原稿は日本語または英語のいずれかで記述すること。

  第2条(原稿の書式)
1. 原稿は横書きとする。
2. 和文原稿の場合、A4版用紙1枚に40字×30行=1200字を目安とする。
3. 英文原稿の場合、A4版用紙1枚にダブルスペースで20行を目安とする。

  第3条(原稿の枚数)
和文原稿の枚数は、第2条第2項に定められた書式で15枚程度(研究ノートの場合は10枚程度を目安とする。英文原稿は第2条第3項に定められた書式で25枚程度(同15枚程度) を目安とする。ただし、いずれの場合も特に厳密な制約はもうけない。

  第4条(原稿の体裁)
1. 原稿の1枚目には、その内容を正しく表す原稿タイトル、著者氏名、所属をいずれも日本語と英語で併記し、また、著者連絡先住所、電話番号を記す。
2. 原稿の2枚目には、原稿タイトル、要約ならびにキーワードを記述する。要約は原稿全体の内容をレビューしたもので、日本語400字、英語150ワード程度とする。また、キーワードは原稿全体の内容の特徴を表す用語のことで、日本語、英語ともその数は5つ程度とする。2枚目以降には著者名や所属など、著者を識別できる情報を記載しない。
3. 原稿の本文は3枚目から開始し、それを1ページとして以下通し番号を付す。本文の後の謝辞、注、参考文献、付録をこの順に続ける。各項目の書き出しにあたっては用紙を改めること。但し謝辞は採択決定後に加筆する。投稿時点では記入しない。

  第5条(一般的注意事項)
1. 原稿は論理的に記述され、明快な文章であること。
2. 原稿本文は序論(問題提起、はじめに、など)、本論、結論(結び、結語、など)の順に記述する。本論については章、節、項の区別を明確にし、それぞれ“1”、“2.3”、“4. 5. 6”のように番号をつける。
3. 人名は原則として英語で表記する。ただし、広く知られているもの、また印字の困難なものについてはこの限りではない。
4. 数式は別行に記し、末尾に通し番号をつける。文中で使用する場合には特殊な記号を用いず、“a/b”、“exp(a/b)”などの記法を用いる。
5. 注は当該文末に肩付き注1)をつけた上、原稿本文の後にまとめて1)から番号順に記術する。
6. 図表は本文中に記載すること。その際にはそれぞれについて“図1”、“表2”のように通し番号と表題をつけ、他文献からの引用表記は明確に行うこと。

  第6条(参考文献)
1. 原稿執筆に際し参考あるいは引用の対象とした文献について、本文中で参照する場合は、“(著者名、発行年)”のように記す。
(例)MISの特徴は………であるという(鈴木、1992)。
また、著者に言及する場合には“著者名(発行年)”のように、著者名を括弧の外に出す。
(例)鈴木(1992)の主張によれば……

2. 原稿本文中で参照した文献のみを、本文の後に参考文献として一括して記述する。和文については著者名の五十音順に、欧文については著者名のアルファベット順に文献を並べること。

3. 参考文献の詳細な記述の方法については以下を参照のこと。
(1) 和雑誌
  鈴木一郎「SISの原理」『MISジャーナル』第1巻,第1号,1992年5月号,10-20ページ.
(2) 和著書-1(単著者)
  鈴木一郎『SISの原理』,MIS出版社,1998年.
(3) 和著書-2(編著者)
  鈴木一郎「情報資源管理の機能」,中村肇編『MISの歴史的変遷』JASMIN出版,1998年,123-157ページ.
(4) 洋雑誌
  Emery, J.C., “The Principles of SIS,”MIS Journal, Vol.1,No.1,May 1990 , pp.10-20.
(5) 洋著書-1(単著者)
  Emery, J.C.,The Principles of SIS, MIS Press , 1990.
(6) 洋著書-2(編著者)
  Emery,J.C., “The Principles of SIS,” in Nakamura, H (ed.), Historical Process of MIS , JASMIN Press , 1992 , pp.23-185.
(7) 洋著書-1(単著者)
  http://www.jasmin.jp/abcd.htm (Feb.24,2003)

4. その他、疑義のある場合は、通常広く認められている書式を一貫して使用すること。


ページの上へ
Copyright 2004 (C) Japan Society for Management Information サイトポリシー